【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼント!

【年収1200万円管理職の戦略】ノースキルPMが年収をキープして転職する方法4選

自分は年収1200万円の管理職。特別な訓練を受けたわけではなく管理職のスキルに確固たる自信はない。業績が悪化して部署が潰れたので転職先を探す必要がある。年収をキープしたまま転職する事は可能だろうか。

という悩みにお答えします。

結論、可能です。転職市場において、特別な訓練を受けた訳ではないが管理職としての実績がある『アマチュア管理職』のニーズはあります。

大企業のアマチュア管理職の転職において、転職エージェントが『何ができますか?』と聞いたら『部長が出来るので部長の仕事を紹介してください』と言ったという笑い話は過去の話です。

今は『アマチュア管理職が出来る』事が価値になる時代です。アマチュア管理職の経験者が少なく希少性が高いからです。

アマチュア管理職の転職成功には必要な要素が4つあります。私の元上司でアマチュア管理職として年収1200万円をキープして転職に成功した人がいますので、その人の事例を挙げつつ説明します。

本記事では、

アマチュア管理職の転職体験談として、希少性を作って年収1200万円をキープして転職を成功した方法

をお伝えします。

【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼントします

目次

アマチュア管理職の転職体験談(1) 管理職の経験を推す

アマチュア管理職が年収1200万円をキープして転職を成功するコツの1つ目は、『人事・目標設定・コミュニケーションの3つの項目の経験を推す事』です。

項目能力
人事部内の人材を交流させて部の成果を最大化する能力
部外の人材について、交渉によって影響が及ぶ範囲の人事を最適化する能力(*)
目標設定経営目標や部門目標を部目標に落とし込む能力
部内および部外にもその情報を理解させる能力
コミュニケーション部内のリスクを把握する能力
部内のモチベーションを上げる能力

アマチュア管理職として必要なこれら3項目の能力と実績を持つ人はほとんどいません。『アマチュア管理職』には希少性があります。

ノースキルPMの転職戦略:転職市場での希少性を得る方法

特に、(*)の価値は高いです。『人をクビにする事で業務を加速』出来る能力と経験は価値が高いです。

『アマチュア管理職の仕事は人をクビにする事(配置換えする事)』と言っても過言ではありません。仕事のスピードを上げる最善策は足を引っ張る要素をなくす事だからです。

複数部門と仕事をしていると保身からトンチンカンな事を言う人が現れる事があります。説明して論破してもふてくされて協力してくれない事が多いです。

このような場合は、アマチュア管理職間で交渉してその人をクビにする(配置換えする)のが最速です。これを出来るのがアマチュア管理職であり、アマチュア管理職はそのためにいます。

アマチュア管理職の転職体験談(2) 転職完了までの期間を決めない

アマチュア管理職が年収1200万円をキープして転職を成功するコツの2つ目は『転職完了までの期間を決めない事』です。

転職は交渉です。交渉では期間を決める必要がある方が不利です。例えば『あなたは今週中にやりたいが、相手は今週中にやる必要がない』場合はあなたが不利です。

転職であなたが『どうしても○ヶ月以内に転職先を決めたい』と期間を決めている場合は難易度が上がります。

私の上司(50歳)を例に書きます。彼は転職条件を『年収1200万円キープするが、期間は定めない』としました。

『奥様と共働きで子供が一人だけ』のため、無職になっても無理して転職する必要がないと判断し、早期割増退職金をもらって無職になりました。

3ヶ月転職活動をして、21社にエントリーし19社は書類選考で不採用でした。もし転職完了まで期間を決めていたらここで心が折れていたでしょう。

彼は、ここで焦りませんでした。『暇だから』とITの資格を取り、6ヶ月の転職活動の末に年収1200万円の仕事で転職を成功しました。

『転職完了までの期間を決めない』事が成功の要因となりました。

ノースキルPMが転職後の社内人脈を得る方法【合格後の働く環境作りを見据えた戦略】

アマチュア管理職の転職体験談(3) 業界をずらす

アマチュア管理職が年収1200万円をキープして転職を成功するコツの3つ目は『業界をずらす事』です。あなたの希少性が上がります。

事例として、ニトリの品質保証部門の話を書きます。

ニトリの品質保証部門の話

ニトリの社長は品質保証部門のトップ人材をホンダからヘッドハンティングしました。

車の品質保証部門の能力が高い事を見抜いて、家具の品質保証部門を任せ、『お値段以上』の品質と商品力を獲得したのです。

ニトリにとっては『車業界の品質保証に詳しいアマチュア管理職』は喉から手が出るほど欲しい人材でした。

ホンダのアマチュア管理職は『車→家具』と業界をずらす事で希少性を上げて、転職に成功しました。

『ITに詳しいアマチュア管理職』のポジションをこなせる人材は、IT以外の業界の会社では希少です。

転職先では『ITに詳しいアマチュア管理職』として重宝されているそうです。

ノースキルPMに最適な『諦める戦略』【転職は非ゼロサムゲーム】

アマチュア管理職の転職体験談(4) 転職エージェントを味方にする

アマチュア管理職が年収1200万円をキープして転職を成功するコツの4つ目は『転職エージェントを味方にする』事です。

元部長はある転職エージェントを味方に付けていました。

『3ヶ月転職活動をして21社にエントリーし19社は書類選考で不採用』という結果を受けて、自ら主体的に活動をするのを止めました。

そして ハイクラス特化型エージェントのビズリーチ でスカウトを待つ、という方針に変更しました。

真剣に取り組む事で担当者の方と仲良くなり、より良い条件を提示してもらえるような関係を築いていました。

ビズリーチ はハイクラスに特化した会員制転職サイトです。会員数94万人超・企業数6700社超で国内最大級です。会員制なのであまり見かけない非公開求人やポジションも多数あります。

あなたが職務経歴書を登録するとヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

部長は転職活動の序盤から ビズリーチ に登録していました。これが大切です。

なぜなら、いざ『19社書類選考で不採用』になった時には精神的ストレスがかなり高くなっており、その時には転職サイトに登録する気力すら無くなってしまうからです。

まだ余裕のある転職活動を開始したタイミングから常に求人情報を仕入れて気になる求人情報をストックしておいたことで、心が折れずに転職活動を続けられたそうです。

転職サイトは登録無料です。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今は転職できなくても登録しておくのが良いです。

まとめ

  • アマチュア管理職の能力を推す
  • 転職完了まで期間を決めない
  • 業界をずらす
  • 転職エージェントを味方にする
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる