【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼント!

ノースキルPMは転職タイミングを選べる準備をしなさい【そろそろヤバい事例9選】

ノースキルPMが転職を決断するタイミングを知りたい

という悩みに、転職を4回している私がお答えします(社外1回、社内3回)。

転職タイミングは

  • 突然上司が変わった
  • 突然部署がつぶれた
  • 突然転勤を言い渡された

のように事故のごとく訪れます。

ノースキルPMの我々は、これから起きる事故を先読みして「これが起きたら転職タイミングだ」と決めておく必要があります。

転職タイミングは人それぞれですが、過去の具体的な事例を参考にするとある程度先読みできます。

本記事では、

ノースキルPMの私が18年の社会人生活で出会った転職タイミングの体験談9選

を書くので参考にしてください。

【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼントします

目次

部署が崩壊する前兆を検知したタイミング

部署が崩壊する前兆を検知したときは転職タイミングです。

私は所属部署が崩壊した経験が3回あります。部署崩壊のたびに社内・社外含めて転職活動をしてきたので、部署崩壊の精神的苦痛を理解しています。

私の経験上、部署が崩壊する前に共通する前兆が3つありました。この3つの前兆があるかを確認すると、あなたの部署が崩壊する可能性を知り事が出来ます。転職タイミングを先読みできます。

前兆が複数ある場合は近い将来に部署崩壊する可能性が高いです。転職タイミングが近いので資格を取得するなどの転職の準備を始めてください。

詳細はこちらの記事を読んでください。

部署が崩壊する前兆3選を検知したタイミング【ノースキルPMは転職準備を!】

パワハラヤクザが上司になったタイミング

パワハラヤクザが上司になったときは転職タイミングです。

高圧的で人間的に未熟なパワハラヤクザのようなダメ上司に出会った事はありませんか?

人間的に未熟なのに上司になれた理由は仕事で実績を上げたからです。部下から見るとたまったものではありません。

上司は選べません。ダメ上司に出会う事は事故です。転職タイミングと言えます。とはいえ会社で付き合う以上、精神をやられないために対策が必要です。

詳細はこちらの記事を読んでください。

高圧的で人間的に未熟なパワハラヤクザがノースキルPMの上司になったタイミング

インテリヤクザが上司になったタイミング

インテリヤクザが上司になったときは転職タイミングです。

怒鳴ったりする訳ではないけど『論理的だが共感に欠ける』と思うインテリヤクザのようなダメ上司に出会った事はありませんか?

このような人は人間的には問題なくても部下から見ると手ごわい上司です。ある部分で迷惑です。

上司は選べません。ダメ上司に出会う事は事故です。転職タイミングと言えます。とはいえ会社で付き合う以上、精神をやられないために対策が必要です。

詳細はこちらの記事を読んでください。

論理的だが共感に欠けるインテリヤクザがノースキルPMの上司になったタイミング

ライバル社員が昇進したタイミング

ライバル社員が昇進したときは転職タイミングです。

『課長のポストが空いた。「次の課長は俺かも」と思ってたらライバル社員が課長に選ばれた。納得できない。何で俺じゃないんだろう?さぁ今後どうしようか。』という経験はありませんか?

サラリーマンの人事は上司の気分で決まります。『ライバル社員が課長に選ばれて納得できない』という感情は誰もが一度は持った事があるのではないでしょうか。一つの転職タイミングと言えます。

ノースキルPMのライバル社員が昇進したタイミングに「何で俺じゃないの?」と思った時の対策4選をまとめました。

詳細はこちらの記事を読んでください。

ノースキルPMのライバル社員が昇進したタイミング【なぜ俺じゃない?の対策4選】

年上のダメ部下の扱いに困ったタイミング

年上のダメ部下の扱いに困ったときは転職タイミングです。

『年上のダメ部下を動かしたい。でもプライドを傷つけないために論破せずに動かしたい。』という経験はありませんか?

年上のダメ部下に出会う事は事故です。あなたにとっての転職タイミングと言えます。ただ、どう対応するのが正解かを知って行動する価値はあります。

『年上のダメ部下を論破せずに動かす方法』を国会議員の小泉進次郎さんの『負けて勝つ戦略』から学ぶ事が出来ます。

小泉進次郎さんが自民党農林部会長として農協改革をしている時に『骨抜き』と批判されたことがあります。その批判に対して『負けて勝つかな』と反論しました。この反論は秀逸です。

『年上のダメ部下を論破してしまい、動かす事が出来なかった』という私の苦い経験も紹介します。

詳細はこちらの記事を読んでください。

ノースキルPMが年上のダメ部下の扱いに困ったタイミング【論破した失敗談を解説!】

地方転勤の辞令を受けたタイミング

地方転勤の辞令を受けたときは転職タイミングです。

地方転勤はサラリーマンの悪習と私は考えています。家族や地域とのつながりを分断するという犠牲を払ってまで、地方に行って会社に奉仕するメリットは少ないです。転勤辞令を受けたら即転職が正しいです。

私が体験した事例は少し違う角度でした。私は働いていた部署がつぶれた事で強制的に社内転職活動をする事になりました。

  • 妻が仕事をやめたがっていた+地方転勤すれば会社から補助金が出る事
  • 子供がいなくて身軽だった事
  • 仕事自体は興味が持てるものだった事

より「転勤しても良いかな」という軽いノリで自ら望んで地方転勤しました。ところが想定外のデメリットが4つありました。

地方転勤は失敗でした。やはり地方転勤の辞令を受けたときは転職タイミングです。

詳細はこちらの記事を読んでください。

ノースキルPMが地方転勤になったタイミング【想定外のデメリットと失敗体験談4選】

マッチポンプ野郎がリーダーになったタイミング

マッチポンプ野郎がリーダーになったときは転職タイミングです。

あなたは部署が潰れて失業した事はありますか?私は部署が潰れて失業した経験が3回あります。

部署が潰れる理由は利益が出ないからです。競争に負けたら淘汰される事は資本主義社会では健全です。

潰れる部署にはいくつかの問題があるのですが、組織を悪い方向に動かすある共通点に気づきました。マッチポンプ野郎がリーダーになっていた事です。

ノースキルPMのマッチポンプ野郎がリーダーになった時は転職タイミングと言えます。

マッチポンプ野郎をリーダーにしてはいけません。その理由と対策を整理しました。

詳細はこちらの記事を読んでください。

ノースキルPMのマッチポンプ野郎がリーダーになったタイミング【悪影響3選】

パワハラ冤罪を受けたタイミング

パワハラ冤罪を受けたときは転職タイミングです。

私はパワハラ冤罪の被害者になりました。見知らぬ人から『あいつはパワハラの加害者』と指摘されたのです。同様の体験をした人は多くないと思いますが、パワハラ冤罪の体験談としてノースキルPMが体験した恐怖の実話です。

パワハラ冤罪はサラリーマンが知っておくべき知識です。パワハラ冤罪は事故です。痴漢冤罪と同じです。

あなたの職場でパワハラの話が出たら『パワハラ冤罪の可能性も考慮して、事実を分析して双方の言い分を聞いて欲しい』です。

私の場合は、同僚が話を聞いてくれる人だったので救われましたが、もし同僚がパワハラ冤罪の加害者の意見を聞く人ばかりだったら、私は会社を辞めざるを得なかったかもしれません。

パワハラ冤罪は悪質で危険です。被害にあった時は転職タイミングと言えます。

詳細はこちらの記事を読んでください。

パワハラ冤罪被害を受けたタイミング【ノースキルPMが体験した恐怖の実話】

30歳転職者が短期離職したタイミング

30歳転職者が短期離職したときは転職タイミングです。

私が勤める会社はホワイト大企業です。昨年に隣の課で転職採用した30歳社員が1年という短期で離職してしまいました。

『企業は人材を必要とし、社員は新しいチャレンジをしたい』という転職採用からたった1年後の離職でした。1年前の転職採用は企業と社員の双方にとって失敗だったと言えます。

このような出来事があるのは末期症状です。あなたの所属部門でこのような出来事があった場合は転職タイミングと言えます。

私はその課と社員をある程度観察できるポジションにいました。この失敗の原因は『転職の面接官に欠けていたポイントがあるため』と考えています。本記事を読むと、転職採用する時の最大の注意点を理解できます。

詳細はこちらの記事を読んでください。

ホワイト大企業に30歳で転職したノースキルPMが1年で離職したタイミング【実話】

まとめ

転職タイミングは

  • 突然上司が変わった
  • 突然部署がつぶれた
  • 突然転勤を言い渡された

のように事故のごとく訪れます。

ノースキルPMの我々ができる事は、これから起きる事故を先読みして「これが起きたら転職タイミングだ」と決めておくことです。

ノースキルPMの私が18年の社会人生活で出会った転職タイミングの体験を利用して、あなたの転職タイミングを先読みして行動して頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる