【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼント!

TOEICのトレーニング時間を強制的に増やした実践的手法2選【ノースキルPMの転職英語】

TOEICのトレーニングになかなか時間が割けない。トレーニング時間を増やす実践的手法を知りたい。

という悩みにお答えします。

社会人になるとTOEICのトレーニングに時間が割けません。私もそうだったのでよく分かります。

一方で、TOEICはトレーニング時間を増やせばサラリーマンでも800点取れます。私は本記事の方法でトレーニング時間を作り、短期間でTOEICの点数を130点上げました。

TOEICのトレーニングに長い時間を費やすのはもったいないです。【TOEIC卒業のススメ】ノースキルPMが転職のために英語を習得するメリット3選 に書いたように、TOEICは早めに高得点を取って卒業するのが良いです。

本記事では、

TOEICのトレーニング時間を強制的に増やした実践的方法2選

を教えます。

【合格率7%の難関突破!】ノースキルPMがホワイト大企業に転職した戦術2選をプレゼントします

目次

実践的手法(1) TOEICのトレーニング時間を増やすと優越感が得られる事を知る

TOEICで800点取ると優越感を得られます。それなりに大きな優越感です。

統計上で、TOEICで800点を取ると上位10%に入ります。

私が以前に所属していた部門全体でTOEIC全体の統計が発表された事があります。業務上でアメリカやヨーロッパともやり取りがあり、英語を毎日のように使う部門でした。

その組織でTOEIC800点を超えている人はぴったり10%でした。帰国子女でTOEICは990点満点の人もいる中でこの割合でした。

これらから言える事は『TOEIC800点という点数はそれなりにハードルが高い』という事です。

TOEICで800点取ると上位10%に入ります。10人中1位になれます。職場のデスクの島が10人いるとしたら、その中であなたが一番英語ができる人になります。

10人中1位って気持ちいいですよ。

優越感を持つ事をTOEIC勉強のやる気向上に繋げられれば、強制的にトレーニング時間を増やせます。優越感が持てる実践的方法です。

少し下衆ですがあなたの心に秘めていれば誰にも迷惑は掛けません。あくまで『あなたのTOEIC勉強時間を増やすために行う施策』です。

TOEICで800点取っていれば、通常の職場であれば就職活動や転職活動で英語力を理由に不採用になることはなくなります。

【TOEIC卒業のススメ】ノースキルPMが転職のために英語を習得するメリット3選

実践的手法(2) TOEICを連続して受験する事でトレーニング時間を増やす

TOEICは特殊なテストです。TOEIC専用のトレーニングをしないと高得点は取るのは難しく、専用のトレーニングをすれば高得点が取れます。

社会人になるとなかなかTOEIC専用のトレーニングをする時間が取れません。

私もそうでした。公式問題集を買って家で実行しようとしても、子供邪魔をして出来ませんでした。

そこで私が編み出した方法があります。『TOEICを連続して受験する』です。

私はこれまで、会社で無料で受けられる1-2年に1回しかTOEICを受けていませんでした。しかも対策はほぼゼロ。

それを、自分でお金を払ってTOEICを2か月に1回受ける事にしました。

TOEICを連続して受験する一番の効果は強制的にTOEICを解くトレーニングが出来ることです。1年に6回本番があるとさすがに慣れます。

『今回はこの順番で解いてみよう』『今回はここに時間を掛けてみよう』などの試行錯誤もできます。例えば以下のような試行錯誤です。

TOEICのスコア取りこぼしを防ぐ小手先術(Part2編)【サラリーマンが800点取る方法】

慣れると最適な時間配分が分かってきます。私の場合は、連続受験3-4回目ぐらいで『今回は上手く時間配分できた』と思えるようになりました。

自腹を切る事でやる気が出て『良いトレーニングが出来る』という副次的効果もありました。

でも自宅でトレーニング出来る方は公式問題集も使ってくださいね。

公式TOEIC Listening & Reading問題集(3)

まとめ

  • TOEIC800点を取ると優越感を得られる事を知りトレーニング時間を増やす
  • TOEICを連続して受験する事でトレーニング時間を増やす
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる